So-net無料ブログ作成
検索選択

安静にしていた12日間 [雑記]

えりすと川遊びを楽しんだ翌々日、8月15日の朝のこと。。。

 

6月に網膜裂孔でレーザー手術を受け、8月9日には、大学病院の先生からも

「レーザー手術をしたところは、問題ないですね。 大学病院の方は、

 これで終了です。」と言われ、心もルンルンと軽くなってたのに・・・。

 

同じ左眼に一瞬にして墨のようなもやもやが出てきて・・・・

 

お昼過ぎ、大学病院へ駆けつけて、診てもらう。

 

この日は、月曜日だったから、担当のS先生ではなく、別の先生。。。

 

瞳孔を開く目薬を差しても出血のため、眼底が見えないそう。

 

そこでまぶたの上から、超音波検査。

超音波で見る限り、剥離は見られないとのことで、チョッピリほっとする。。。

 

「とにかく安静にしてくださいね。18日に担当医のS先生に再度診ていただいて下さい。」と

止血剤(アドナ錠)が4日分処方されて、おしまい。

 

左眼は、動きはわかるもののほとんど見えない状態。

 

帰宅してからも右眼だけで物を見ているので、すごく疲れる。。。

 

眼の事だけに先生の指示をしっかり守って、過ごさなくては、とひたすら寝て過ごすこと3日間。

 

18日の朝一番で、担当医の診察を受けに再度、大学病院へ行く。

この時点では、まだほとんど左眼の視力は、ないに等しかったけれど、

「眼底がうっすらと見えてますね。 おそらく6月の裂孔が大きかったので、

その周辺の血管が切れて、出血したのでしょう。 ちょうどレンズにあたる部分に

出血がかかっているので、視力が出ないようです。 

引き続き安静を保ち、座るときにもなるべくうつむいた姿勢でいてください。

寝るときには、枕を高くして寝てください。27日に来てください。」との指示。 

薬は、一切処方されず、後は、先生の指示をしっかり守るだけ。

 

きょう、27日の再診まで、とにかく一切の予定をキャンセルして、

自宅で安静に過ごすことにした。 

 

今週の初めは、まだ左眼の視力が上がってこないような感じだったのだけど、

それでも少しずつ、1番ひどかった時の状態よりもマシになってきた気がしていた。 

 

昨日(26日)あたりから、まだベールがかかったようではあるが、随分と見えるように

なってきたことを自覚する。。。

左眼にコンタクトレンズを入れれば、ベールはかかっているもののちゃんとテレビの文字が

読めた[exclamation×2] 

 

そしてきょう(27日)、午前11時の予約で、再び大学病院受診。

いつものように視力検査から。

18日の検査の時とは違って、随分見えるようになってきてる!

視力検査をする係りの方からも「ずいぶん、視力が上がってきましたね!」と

言っていただいた。 

 

担当医からは、「随分、視力が出てきましたね。

ベールがかかっているのは、まだ下の方に出血が残っているからです。

またもう少し、経過観察をしましょう」ということで、今回は、「安静に」の指示は、

なく、次回9月8日の再検査を予約しておしまい。

 

このまま順調に回復しますように・・・。 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0