So-net無料ブログ作成

2度目の眼底出血(その2) [左眼の網膜裂孔]

1月25日~26日

なるべく安静にするようにはしているものの、急には休めなかった池袋教室には25日、

行ってきた。

帰宅後、ソファーで横になって安静にするとやはり出血の塊がちらほら見えて

気になる。

 

「これは、8月の時みたいに 自然吸収するのは難しそうだなぁ・・・」と不安が募っていく。

 

26日は、1日中家にいたので、ネットで「 硝子体手術」について調べてみる。

昨年8月の時に、出血が自然に吸収されなければ、この手術になるとS医大の担当医からは

聞いていた。

 

通っているS医大の硝子体手術の症例数は、数百件と待ち時間に見て、白内障の手術数に比べると

格段に少ないのは、感じていた。

 

ネットでは、横浜の深作眼科がダントツの症例数で、日本で一番多いとわかった。 

 

院長先生のブログは、なかなか強烈だけれど、でも日本で一番手術件数の多い眼科が

行ける距離にある・・・

 

勇気を出して、電話してみることに。

 

最初は、「予約が取れるのは、2月20日以降です。」と言われたが、

「左眼、眼底出血をしているので、全然見えないので、出来るだけ早く診てもらいたい。」と

伝えると、1月30日に予約を入れてくれた。

 

 「混んでいるので、待ち時間はとても長いですが、その点だけは、踏まえて30日8時過ぎまでに

来院してください。」ということになった。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0