So-net無料ブログ作成

深作眼科に行く [左眼の網膜裂孔]

1月30日(月)

朝、早起きして、えりすの散歩を済ませ、 6時半に家を出る。

横浜方面へ向かう最寄駅まで徒歩で20分ほど。

 

朝の空気が冷たい・・・

 

予定していた電車に乗り、横浜へと向かう。

 

横浜駅西口で眼科のお迎えバスに乗り、8時ちょっと前に深作眼科に到着。

01d417e3631cf557174bb1e0aa8b6fb91e963b361b.jpg 

 

01d831cec0baa51ed49e53cd6800d05909a849321f.jpg 

 

 とても立派なビルだ・・・

 

1階のエントランス付近には、すでにたくさんの人。

 

「初診の方」の記入欄に名前を書く。

 3番目だった。。。

 

8時になり、係りの人が出てきて、2階の受付を行くようにうながされ、みんな順番に

階段を上がっていく。

 

受付を済ませ、待っていると8時半から、検査が開始され、ほどなくよばれる。

 

事前に症状を記入し、どういう治療を受けてきたかを記入して来ていたので、

検査もあまり待たずに始まった。

 

初診の人は、割と早めに検査→受診という流れになっているらしい・・・・

 

そんなこんなでいろいろの検査をしているとあっという間に2時間ぐらい経ち、

いよいよ先生の診察。

 

診察室は、左から、深作院長先生、鈴木先生、副院長の中原先生と3人の

先生がカーテンで仕切られていた。

 

副院長の中原先生のブース前で待つように指示された。

 

一人一人の患者さんに丁寧にお話しされている感じだった・・・

 

いよいよ私の番

 

先生がカルテを見て、その後、左眼の様子を見るなり、

「大学病院、よくこの状況を放っておいたね。あり得ない[ちっ(怒った顔)][ちっ(怒った顔)] 

これだけ出血して、眼底が全然見えない状態を放っておいて、何か月後かに出血が吸収された

としても剥離があったらどうするんだ。超音波診断で剥離がないから、経過観察でいいなんて、

無責任すぎる。

あさって、2月1日に手術しようね。きれいにしてあげるからね。」と先生。

この言葉で、先生にすべてお任せしようと心に決めた私。

 

一応、「血液の塊が見えるんです」というと

「それは、逆に網膜がちゃんと働いているってことだから、いい兆候ではあるんだよ!」と

言っていただき、この先生なら任せられる、安心して手術を受けられると直感した。

 

その後、「痛くないようにお願いします」と頼んだ。

 

診察が済むと、2日後の緊急手術(硝子体手術)に向けて、さらに詳しい検査をすることに。

 

お昼ごはんを食べる間もなく、いつの間にか午後になっている。

 

1日の付き添いを誰かにお願いしなくてはいけない。

YUIは、元那がインフルで1日は身動きが取れないし、夫は、メキシコだし。。。

 

職場の先輩スタッフに電話し、お願いしてみたら、快く引き受けてくれ、

まずは、付添いを確保。

 

結局、すべての検査を終え、再度、先生の診察を受け、すべて終わったのが、午後4時過ぎ。

 

私と同じ初診で来て、手術を受けることを決めたNさんと横浜駅へ一緒に向かい、食事をして

別れ、帰宅したのが午後6時過ぎ。

 

そこから、えりすのことをオハナちゃんちにお願いした。

 

長い一日だったけど、覚悟は決まった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2度目の眼底出血 (その3) [左眼の網膜裂孔]

1月28日(土)

単身赴任中の夫が戻り、えりすのお散歩は、行ってもらう。

夕食時に夫に、深作眼科の診察を受ける事を話すと

「S医大病院に通っているんだし、8月の眼底出血の時には、自然治癒で治ったのだから、

そのままS医大病院で診てもらえばいいじゃないか?」とのたまう。

 

自分の事ではないから、左眼が出血で全然見えないことや本当にこのまま放置しておいて

大丈夫なんだろうか?という私の不安な気持ちは、全然わかっていないことが

かなり頭に来た[ちっ(怒った顔)] 

 

これ以上、話しても無駄だと 口をつぐむ。

 

1月29日(日)

午前10時過ぎに 夫は、海外出張に向けて、リムジンバスのバス停に向かう。

 

 

疲れた週末だった・・・・。