So-net無料ブログ作成

いよいよ手術の日・・・(硝子体手術) [左眼の網膜裂孔]

2月1日(水)

5時半に目をさまし、起きる。

6時20分、タクシーを呼び、35分、家を出る。

途中、職場の先輩のAさんとMさんをひろって、駅へと向かう。

 

今の職場で仕事をしだして、1年だけど、このお二人には、何かと助けてもらって、

今回も気持ちよく付き添いを引き受けてもらい、本当に心から感謝しかない。 

 

7時40分ごろ、深作眼科に到着して、1階のレストランにて朝食。

 

8時過ぎ、2階にあがり、受付を済ます。

そこからまた検査待ち。 

 

もう一つ手術前にしておかないといけない検査があるのだとか。。。

 

10時半ごろ、ようやく検査が終わり、その後、11時ごろ、中原先生の診察。

「二人も付き添いがいるなんて、心強いね!がんばろうね!」と言っていただく。

 

硝子体手術の副作用として、白内障の症状になるので、一緒に白内障の手術も

するから、単焦点レンズを入れることを再度確認。(8年前、右眼は、若年性白内障で

単焦点レンズを入れているので、左右の視力のバランスでやはり単焦点レンズの方がいいとか。。 )

 

12時になり、ようやく5階の病室に案内される。

2人部屋をお願いしていたので、そちらへ。

 

そこで、手術着(といっても病院の寝巻だが)に着替え、ズボンの下には、リハビリパンツを

履く・・・・硝子体手術は、白内障の手術とは違い、少し時間も長いので、途中でトイレに行きたくなった時の 

安全策だ。

 

そして、顔を洗うように指示される。

 

その後、3階の手術待合室へと向かう。

 

そこで、順番に呼ばれ、咳止めの薬、衛生キャップをかぶせられ、

そして処置室へ入り、点滴をされる。最初、左手の静脈に針を刺されたのだが、うまくいかなかったのか

看護師さんが「ごめんなさい。きっと青たんになると思います。本当にごめんなさい。」と

何回も謝られるので、 「気にしないでください…」と私。

 

 

全部で16~17名ぐらいいる感じ。

また待合室に戻り、ひたすら待つ。。。

 

後ろの席のおばさんが、「点滴の針が痛くてたまらない」と看護師さんをつかまえては、

うるさく言ってた。

 

みんな多少痛くても我慢してるのだから、ちょっと迷惑[ちっ(怒った顔)] 

 

外来の診察が終了してから、手術開始になるそうで、いつか始まるのか皆目見当がつかない。

 

14時近くなってもまだ誰も呼ばれない。。。

 

AさんとMさんには、昼食を食べに行ってもらう。

 

14時半ごろになり、ようやく3名ぐらい呼ばれる。

 

ようやく手術が始まる感じ。。。

 

「処置室に入る前にトイレに行ってください。」と言われている。

 

なかなか呼ばれない。。。

 

1時間経ち、2時間経ち、3時間経ち・・・・

 

おそらく私は、急に手術が決まったので、これは、もう最後の方に違いない[ふらふら] 

 

 

ようやく処置室に呼ばれたのが、17時半ごろ。

 

そこへ入ると、手術を終えて、麻酔が覚めるまで待っている人たちが4名ほど。

 

それからこれから手術を受けるために、眼の消毒、麻酔の注射を受け始めている人が2人ほど。

 

 

いよいよ私の順番だ!

 

まずは、消毒から。

ちょっとしみるが、大丈夫。

 

次は、球後麻酔の注射。

 

中原先生が、「ちょっと痛いけど、ごめんね」と声をかけてくださる。

 

それだけで、ありがたい。

 

点滴の方が痛かったかも(笑)

 

それから30分ぐらいたっただろうか?

 

場所を移動して、手術室の前の椅子に座る。

 

そこで、再度「トイレは、大丈夫ですか?」と聞かれる。

 

待ってた5時間の間、ほとんど水分を取らず、トイレだけは、3回行ったので、もう

でるものもない。。。

 

いよいよ手術室に・・・。

 

思ったより、ずっと広い部屋だなぁというのが私の印象。

 

手術の椅子に座り、倒されて、あおむけになる。

 

顔の上にカバーをかぶされ、左眼だけが空いているのだが、

その左眼は、視力が全然ないので、器具など何も見えない。。。

 

8年前の白内障の手術の時には、「目を動かさないで!」と何回か言われたのに、

そんなこともなく、あっという間に白内障の方の手術は終わった感じで、

その後は、いよいよ硝子体手術。

 

眼の中にカッターが入り、その先端の形は、よくわかった。

 

途中、ちょっと痛かったら、先生が「痛いかもしれないね」と言い、

麻酔が追加され(たぶん)そして、また硝子体が削られていく。

 

なんだか不思議な感覚。

 

ほとんど痛みもなく、手術は終了。

 

処置室でしばらく休み、その後、AさんとMさんに付き添われて、5階の病室に

戻ったのが20時前。

 

すぐにうつ伏せ寝をする。

 

AさんとMさんは、それから帰られたので、本当に長く付き添ってくださって、

申し訳なかった。。。

 

20時半ごろ、食事が運ばれてきた。

 

 01f11ca3469bceade7e4404a419ceb5e15457bec6a.jpg

朝食以降、飴とチョコしか食べてなかったから、本当においしく、完食[わーい(嬉しい顔)] 

 

その後、歯磨きを終え、床に就く。

 

うつ伏せ寝、途中で、腰が痛くなり、夜中に起きて、正座してうつむいている時間もあった。

 

なかなか熟睡はできない。

 

 

2月2日(木)

お隣の方が声をかけてくださって、カーテン越しにちょっとお話しする。

 

01958e620ebcce8b4816030fdcc2dcd23c0ae65c87.jpg 

食事は、1階のレストランから運ばれてくる。

 

食事の時にお話しするのが楽しみだった。

お隣の方は、白内障で多焦点レンズを入れられたそう。 

 

11時ごろ、中原先生の診察があった。

「パーフェクトだよ!」と。

それだけで、すごくうれしくなる。

 

 

昼食[左斜め下]

018b11c7bbd3588a7bc3d4ac68ab8db3dde13c174f.jpg 

 

 

晩御飯は、カーテンを開けて、一緒にお食事をした。

 

夕食[左斜め下]

 010a0d054fd0efe594e07e60bc4088451bc29cac2f.jpg

 

左眼は、ちょっと傷みがあるので、枕元に置かれていたバファリンを何回か使う。 

 

やっぱりうつ伏せ寝の夜が長い・・・・・ 


手術前日 [左眼の網膜裂孔]

1月31日(火)

朝一番、S医大の予約が入っていたので、「体調が悪いので、行けない」と予約をキャンセルする。 

 

その後、仕事先各所に連絡をし、休みをもらう。

健康保険協会にも連絡し、『限度額認定申請書』を支給発行してもらう。

3週間療養するとなると、朝からすることがいっぱい。

 

本当は、この日からオハナちゃん家、アニトレ家と一緒に雪遊びにしていた。

ずっと楽しみにしていたのに、行けなくて本当に残念[もうやだ~(悲しい顔)] 

えりすは、オハナちゃんちが迎えに来てくれて、一緒に雪遊びに連れてもらうことに

なっている。

 

ありがたい・・・。 

 

11時ごろ、オハナちゃんちが迎えに来てくれ、えりすは喜んで車に乗り込む。

 

きょうから2週間ほど会えなくなるって本犬は、わかっていない・・・[もうやだ~(悲しい顔)] 

 

えりすを見送った後、入院準備品の買い物に出かける。

駅まで歩き、2駅先のユニクロへ。

 

一応、入院は2泊3日だけど、その後は、病院近くのホテルに滞在するように言われている。

2月10日までは、うちに帰れないということなので、その分の下着とか部屋着とそして、

うつ伏せ寝をする時に少しでも楽なように円座クッションを購入。

 

帰宅後は、入院準備品、ホテル滞在品をそれぞれ用意。

 

そうこうしていると、オハナちゃんのママさんから、「到着しました!」と

メールが来る。

 010beedc5f1e8b4146740aa5218f5baa1ee9b6e4eb.jpg

 

あたり一面、何もなくて素晴らしい雪原!

行きたかったな~[ふらふら] 

 

夕方、宅配便でホテル滞在用荷物を出した後は、

夕食を早めに済ませ、翌日のために早めに就寝することに。